So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

僕が創作トリテを作りたくなる理由 [ボードゲーム]

(この記事は、Trick-taking games Advent Calendar 2015 の19日目の記事として書きました)

トリックテイキングゲームが既にたくさんある中で、なぜ創作トリテを作るのか。その理由について書いていこうと思います。
この記事の中では紙面の都合上、トリックテイキングゲームをトリテと略します。

[三日月]トリテの思い出
まず最初に僕がトリテを好きになった経緯を書きます。
僕がトリテに出会ったのは高校生の頃で、今から四半世紀も前にさかのぼります。
その当時の友人とTRPG、麻雀、ボードゲームなどを遊ぶなかで、トランプは道具だてが少なくてすむため、学校の休み時間や修学旅行などでよく遊びました。ゲームしているところを先生に見つかると、道具を没収されることがあるので、トランプは仮に没収されてもあまり痛くないという利点がありました。

トランプで遊ぶゲームは、『ドボン』『大貧民』『ナポレオン』が多かったと記憶しています。その当時、トリテという言葉は知らず、『ナポレオン』はトランプゲームの1つという認識しかありませんでした。『ナポレオン』の魅力は既にさとさんうぃりあむさんが語られているので、ここでは省きます。そんな自分がトリテという存在を意識し始めるのは大学生になってからのことでした。

大学時代はSF研究会で4年間を過ごしました。SF研究会はゲームにあふれていて、コンシューマゲームもあれば、麻雀、ボードゲームもあるという夢のような空間でした。当然のことながら毎日部室に入り浸りました。ボードゲームは『アクワイア』、『スコットランドヤード』、『フンタ』、『タイタン』など往年の名作が揃っていました。その中にひときわ魅かれるゲームがありました。それが『銀のタロット』です。

gitaro.jpg


『銀のタロット』とはドラゴンクエスト4に登場するキャラクターをモチーフにしたトリテで、ディールごとにゲームの得点方法が変わるゲームです。基本は獲得したカード一枚につき10点なのですが、「紫のスートを取ったら一枚-40点」「最初のディールと最後のディールを取ったら-180点」「5を取ったら一枚-90点」「緑の7を取ったら一枚-360点」といった具合にディールごとにマイナス点のルールが変わります。そして極め付けが「マイナス効果全部入り」ディールの存在です。僕はこのゲームにはまりました。点数の付け方がメチャクチャで逆転要素か高く、笑いの絶えないゲームであること、ドラクエのキャラクターという魅力があることなどがはまった理由です。このゲームが好きすぎて何度も遊んだ結果、カードに手の汗が染み込んでしまい、大学3年の頃には「臭いゲーム」として、誰も遊んでくれなくなってしまいました。
とにかく、このゲームと出会ったことで、トランプゲームもカードを専用化することで、遊びやすくなるし、ゲームへの没入感も増えることを身を持って知りました。

tekelili.jpg

[半月]『テケリリ』の誕生
『テケリリ』は今から10年ほど前にデザインしたゲームです。『銀のタロット』を更に遊びやすくするにはどうしたらよいかというところからデザインはスタートしました。そして、取りたくないカードといったら何だろう?と考えたときに出てきたのがクトゥルフでした。この辺りは学生時代にTRPGに親しんでたので、すんなりとヒラメキました。
アイディアが生まれたら、それを育てます。一つのアイディアをもとに、それを具体化するにはどうしたらいいだろう?と頭の中でアイディアを練ります。僕自身の感覚としては、練るというより転がすといった方が近いかもしれません。うーん、うーんと考えてひねり出すのではなく、カード構成をこうしたらどうかな? こんな効果を加えたらどうかな? といろいろと発想を広げていく感じです。このアイディアを転がす過程が堪らなく好きです。そしてある程度固まったらコンポーネントを作り、テストプレイをします。
発売当時に書いたデザイナーズノートがありますので、もしよろしければお読みください。
http://seesaawiki.jp/satofamilie/d/%A5%C6%A5%B1%A5%EA%A1%A6%A5%EA

hue.jpg

[やや欠け月]『ハーメルンのたて笛』の失敗
『ハーメルンのたて笛』を発表したのは2007年のことです。
トリテは今でこそ一定のファンがいますが、7、8年前は「トリテ?じゃあいいです」と、詳しい説明も聞かずに敬遠する人が多かったです。
そんな状況でも思いついたトリテのアイディアは具現化したくなってしまうのが悪い癖です。
この時は「『ノイ』のようなカウントアップ系のゲームとトリテを融合させたらどうなるのか」というテーマのもと『ハーメルンのたて笛』というトリテを作りました。ただ、デベロップ不足で、見切り発車的なゲームとなってしまいました。

[満月]その後の活動
こうして失敗もしてきましたが、とにかく思いついたアイディアは具現化したくなってしまうのが私の性格です。
トリテは制約があるわけですが、ある程度制約がある方がアイディアは出やすく、「あの要素を組み込んだらどうなるだろう?」ということを常に頭のなかで考えてます。
「花札でトリテをやったらどうなるんだろう?」というアイディアから生まれたのが2011年に発表した『トンネルズ&トリックス』ですし、「ビットにこだわったトリテを作ろう」というアイディアから生まれたのが、今年のゲームマーケットで限定公開した『ニンジャスタートリック』です。
「ドラフトとトリテを組み合わせたらどうなるんだろう?」「ワーカプレイスメントとトリテを組み合わせたらどうなるんだろう?」など、考えただけでワクワクしそうなアイディアがたくさんあります。

是非みなさんも、まだ見たことのないトリテを創ってみませんか?

中古ゲーム販売 [ボードゲーム]

ゲームマーケット2015秋のさとーふぁみりあブースで中古ゲームを販売します。
14時くらいからブースに並べる予定です。『忍ジャン!!』の販売状況を見ながら中古ゲーム販売の開始時刻を決めますので、正確な時刻はtwitter(@toshikis227、@bodogedama)で連絡します。

持ち込む予定のゲームは以下の通りです。
ゲームは当日増減する可能性がありますのでご了承ください。

ディ スタウファー 5500円(新品未開封)
テラミスティカ 5500円(新品未開封)
指輪物語 リスク 5000円
指輪物語 モノポリー 3000円
ルイス&クラーク探検隊 2500円(シール貼り済)
オドヴィル 2000円(シール貼り済)
オリジン 2000円
スターウォーズ 2000円
Mrジャック 2000円
パンデミック 1500円
ユークロニア 1500円(未使用)
ラミキューブ 1500円
インシディアスセブン 1000円
サクランボ狩り 1000円
タウシュラウシュ 1000円
バサリカードゲーム 1000円
ハムスターの頬袋 1000円(新品未開封)
フンギ 1000円
マンモス 1000円
クウィックスカードゲーム500円
トレド1085 500円
ヌーラン 500円
ブロックス 500円(箱日焼け)
レイジ 500円(未使用)
アイスレイク 500円
ニワトリ四苦八苦 500円
ゴールドディガー 500円
エルフェンランド 500円(汚れあり)
PLACUE&ESTILENCE  500円(訳なし)
レジスタ 500円
騎士カタン 500円(汚れあり)
ダイスラン 500円
MGICIANS NIGHT 500円
ゴウワンストライク 100円(箱つぶれ)
クレイマニア 100円

『忍ジャン!!』のルール公開と予約受付開始 [ボードゲーム]

宣伝用

ゲームマーケット2015秋で販売する『忍ジャン!!』のルールを公開いたしました。
今回公開したルールにはデザイナーズノートをつけましたので、ぜひ読んでみてください。
(ページの都合上、製品版に添付した紙のルールにはデザイナーズノート入ってません)
また、予約も受付を開始しましたので、ぜひご利用ください。

■ルール
 ルールはこちら(PDFファイル、22.4Mバイト)
https://drive.google.com/file/d/0BxtnUFvMLlRteEI3bXFISnp6Ymc/view?usp=sharing

■予約
 予約はこちら
https://docs.google.com/forms/d/1iKomR3mDVWGLPuN487BPu455tgYOfTKpSZ9iew1JI0I/viewform?usp=send_form

#2015.10.26 シミーズさんのご指摘でルールの誤記を修正しました。

『忍ジャン!!』を販売します!!! [ボードゲーム]

作業_pab01s_s.jpg

ゲーム概要
 このゲームは忍者同士の対戦ゲームです。
 攻撃側は手札から<<攻撃カード>>を出して相手を攻撃します。
 防御側はその<<攻撃カード>>がどんなカードであるか予想して、
 うまく攻撃を防いでください。
 先に相手の<<体力デッキ>>をなくしたプレイヤーが勝ちです。

■ゲーム情報
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:20分
 対象年齢:6歳以上

■ゲームマーケット2015秋での販売について
 ブース番号:G-37:さとーふぁみりあ
 価格:1800円
 
■内容物
 カード:63枚
 攻撃カード:54枚(27枚×2人分)
 忍術カード:9枚

クレジット
 ゲームデザイン:佐藤敏樹
 アートワーク:長谷川登鯉

■ルール
 ルールはこちら(PDFファイル、23Mバイト)

■予約
 予約はこちら

■プレイ動画(21秒)


■ルール説明動画(4分15秒)


■『忍ジャン!!』のジャンは何?
『忍ジャン!!』のジャンはジャンケンのジャンで、子どものころに遊んだ『ウルトラジャンケン』(ウルトラマンの技を出し合って、同じ技だったら負け)をベースにしています。
最初からジャンケンにしようと思ったわけではなく、山のようにあった要素を削りに削って「読み合い」に特化したらジャンケンに行きついてしまいました。
とはいえ、カードを表向きに出して相手を揺さぶるとか、色ごとにカードの枚数が決まっているので出しているカードを読みやすくするなど、色々と工夫をしています。

読みが当たった時の爽快感や外れたときの悔しさを大事にしているゲームです。ぜひ一度遊んでみてください。


『忍ジャン!(仮)』を販売します [ボードゲーム]

ゲームマーケット2015秋で『忍ジャン!(仮)』という2人対戦カードゲームを販売します。

忍者をテーマにしたゲームで、3種類の攻撃カードを使ってコンボを決めたり、忍術カードを出したり、相手のカードをよんで攻撃を防いだりしながら、相手忍者のライフを削っていきます。
6歳から楽しめる格ゲーを目指しています。

ルール等の公開が準備できましたら、追って公開させていただきます。

忍ジャン.jpg

■ゲーム情報
・プレイ人数:2人
・プレイ時間:10分
・対象年齢:6歳以上

『もぐらのすごもり』すごろくやさんにて取り扱い開始 [ボードゲーム]

『もぐらのすごもり』がすごろくやさんで取り扱っていただけることになりました。
ゲームマーケットで買えなかったという方は、是非この機会にすごろくやさんにてお求めください。
https://sugorokuya.jp/index.html

もぐらのすごもり

家の廊下など広めのスペースで遊べる場合は、カップを挟むようにして両プレイヤーが対峙し、チップを投げ入れるという遊び方もお勧めです。
1エンドごとに点数の多い方が1ポイント獲得するというルールで、先に3ポイント獲得した方が勝ちという遊び方も面白いです。
是非いろんな遊び方で『もぐらのすごもり』を楽しんでください。


『もぐらのすごもり』の告知 [ボードゲーム]

ゲームマーケット2015大阪で頒布した『もぐらのすごもり』を ゲームマーケット2015春の「ワンモアゲーム!」さんのブースにて委託販売いたします。

■頒布方法について
 ブース番号:J05 「ワンモアゲーム!」さんにて10時~12時の間に販売いたします。
 予約の受け取りは10時~14時までにお願いします。
  頒布価格:1000円

なお、今回は予備チップをご用意します。
こちらは6枚入りで300円です。

予備チップ

ゲームマーケット当日は、「ワンモアゲーム!」ブースに是非お立ち寄りください。


『もぐらのすごもり』 予約受付について [ボードゲーム]

ボックスアート

ゲームマーケット子ども向けゲームがどれくらい売れるかわからず、ゲームマーケット2015大阪では十分な数をご用意できず、申し訳ございませんでした。

そこで、一ヶ月限定ですが、予約受付をしたいと思います。ゲームマーケット2015春では「ワンモアゲーム!」さんのブースで委託販売させていただく予定ですが、当日発売分は少ない予定ですので、この機会にご予約ください。

◆予約受付期間:3月16日〜4月15日23時59分

◆ゲームマーケット2015春 「ワンモアゲーム!」さんのブースに14時までに来られる方
 ◇価格:1000円
 ◇支払方法:「ワンモアゲーム!」さんのブースにて現金支払い
 ◇予約受付フォームこちら

◆郵送をご希望の方
 ◇価格:1800円 【輸送料、梱包費込み】
 ◇支払方法:リンク先ショッピングサイトによるクレジット払い
 ◇郵送時期:4月16日以降順次郵送
 ◇予約受付フォームはこちら

みなさまのご予約をお待ちしています。

ゲームマーケット2015大阪のお礼 [ボードゲーム]

販売の様子

ゲームマーケット2015大阪に参加された皆様、お疲れ様でした。

今回のゲームは子ども向けゲームということで、製作個数をかなり抑えたところ、あっという間に完売となりました。買ってくださったみなさま、ありがとうございました。
また、手に入れたかったのに手に入れることができなかった方には、心よりお詫び申し上げます。

再販も考えていきたいと思いますので、準備ができ次第報告させていただきます。
今後とも、よろしくお願いします。

『もぐらのすごもり』の告知 [ボードゲーム]

ボックスアート

ゲーム概要
 もぐらが巣ごもりをするために、ちょうどいい穴を探しています。
 もぐらはちょうどいい穴を見つけることができるでしょうか。
 このゲームはもぐらが描かれたチップを1m先のコップの中に投げ入れる
 アクションゲームです。

■ゲーム情報
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:10~15分
 対象年齢:6歳以上

■ゲームマーケット2015大阪での頒布について
 ブース番号:C-40 「たなごころ」さんにて13時~14時の間に販売 
 頒布価格:1000円

■ルール
ルール

■内容物
 厚紙タイル:16枚(緑:8枚、赤:8枚)
 コップ:6個
 ひも:1本(1m)

クレジット
 ゲームデザイン:佐藤敏樹
 アートワーク:井上 磨


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。